みきなクリニック HOME二重まぶた

二重まぶた

eye

お顔の印象を最も大きく左右する、目元の治療法。目元を改善することによって、明るく好印象なお顔に生まれ変わることが可能です。海外、特にアジア諸国では一重の方が多く、二重によるプチ整形が盛んで、メイク感覚でお気軽に治療される方が増えています。

みきなクリニックでは、二重まぶた埋没法・切開法・目頭切開を行っており、カウンセリングをしっかり行い、目の状態やお客様のご希望にあわせて、最も相応しい治療法をご提案致します。

アイプチ使用でまぶたの皮膚炎にお悩みの方、若い頃に比べて二重の幅が狭くなった気がする方も、ご相談くださいませ。

※眼瞼下垂症による肩こり・視野障害を認める場合は健康保険適応が可能です。

施術例

※右:施術から10日後

目元の治療の種類

埋没法
医療用の細い糸をまぶたに通して数カ所留め、きれいな二重まぶたを実現するプチ整形です。治療時間も短時間で済み、メスを使用しないので、お気軽にご利用いただくことができます。
切開法
まぶたの皮膚(脂肪)が分厚い方・たるみがある方・埋没法をしてもすぐに元に戻ってしまう方にお勧めの治療法です。メスを使用して二重のラインに沿って切開し縫合しますので、傷跡は見えなくなります。治療後はくっきりとした美しい二重まぶたが実現します。
目頭切開
日本人に多くみられる目頭(目の鼻側)にある蒙古ヒダを切開して広げ・縫合することで目を大きくしたり、目が離れている方は目と目の間を狭くすることができます。角度や長さはその人に合わせそれぞれ調節でき、お好みの目元を実現することが可能です。
下眼瞼皺たるみ形成術
加齢とともに皮膚がたるんで、目の下にシワやたるみができることによって、年をとった印象を与えます。このたるみを切除して目元を若返らせる手術です。下のまぶたのまつげの生え際を切開し、たるんだ余分な皮膚を切除します。目の下のハリを取り戻し、若々しい目元にすることが可能です。

二重まぶたの特徴

効果
ぱっちり二重まぶたにすることで、目力をアップさせます。
通院の目安
治療後1週間後に受診して頂きます(切開法は、1週間後に抜糸)。
塗布時の痛み
局所麻酔の痛み止めの注射をします。
安全性
経験豊富な美容外科医・形成外科医による治療です。

二重まぶた治療を受けられる方への注意点

  • 治療後3〜7日程度はまぶたが多少腫れますが、次第に治まります。
  • 片目だけの治療も可能です。
  • 他クリニックで二重まぶたを受けられた方のやり直し等も可能ですので、ご相談ください。

page top